高嶺の花に出会う旅

可憐な花との出会いをもとめて、これからも旅をつづけます。

ヤマボウシ

ヤマボウシの花


ヤマボウシ
 

庭のピンクのハナミズキは、もうとっくに終わったけれど
街路樹のヤマボウシは、今が盛り…。

真ん中にあるのが、本当の花!
花びらのように見えるのが、じつは「がく」
花って不思議です。
ランの花も三枚がほんとの花びらで、あとの三枚はがくが変化したもの。
そして、花びらの一枚が独特の形(唇弁)に。

はなみずきの実は、真っ赤などんぐりのような形でつけますが、
ヤマボウシの実は、おもしろいですよ。
真っ赤なコンペイトウのような実が空に向いてつくんです。
美味しそうで、食べてみたくなります。
(この実、食べられるそうです!今年こそ食べてやろ笑)


スミダノハナビ 

つづいて、アジサイの花
これは園芸種の「スミダノハナビ」(隅田の花火)
純白の花のように見えるのは、じつは「がく」。
緑色のつぶつぶがこれから開くほんとの花。
ブルーの可愛い花です。
額縁のように花が咲くので「ガクアジサイ」という名がついたみたい。

ヤマアジサイ

これは、ヤマアジサイ。ガクアジサイの仲間です。
野生の日本アジサイで、花(ややこしいので花と呼びます)は小さく小指の先ほどの大きさ。

白い花がつづきましたが、つぎは

アマチャ 

アマチャ(甘茶)

これもガクアジサイの仲間。(葉を乾燥させて飲用?甘茶)
ピンク色してますが、去年はブルーだったような…?
ほんとの花が、
「花は、こっちだよ!」
と、飛び出してアピールしてるみたい(笑)。

土壌の性質(酸性・アルカリ性)で、花の色が変わるみたいです。
やっぱり、不思議です。

シモツケ 

これは、シモツケ。
ガクアジサイの真ん中の花だけみたいですが、
よく見ると、花びらがちゃんとある(笑)
咲き終わっても、剪定してやるとまた新しい蕾があがってくる。
三回ほど楽しめます。

さいごは、

キンシバイ 

キンシバイ。

川の岸に植えられていたのを一枝摘んで挿し木にしたら、
元気に育って、黄色のあざやかな花が咲きました。

今回は、庭の花と街路樹の花の紹介でした。

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2010/05/30(日) 09:00:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18
次のページ

プロフィール

花のたびびと

Author:花のたびびと
「高嶺の花に出会う旅」の管理人の『ろく』です。山に登りながら、高山の花を撮り続けています。
暇なときに、ちょっとのぞいていただけたら嬉しいです。
他に陶芸・渓流釣り・蕎麦打ち・温泉・お酒…etc.。楽しいことが大好きです。

花のたびびと掲示板

♪♫お気軽にどうぞ♬♪

カテゴリ

山と風景 (133)
山の花 (56)
山 (4)
手打ち蕎麦 (20)
日記 (74)
秘湯の旅 (1)
陶芸 (3)
洋ラン (26)
未分類 (5)

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ありがとう