高嶺の花に出会う旅

可憐な花との出会いをもとめて、これからも旅をつづけます。

明石焼き

明石焼きの本場へ

 たこ焼きといえば大阪。一家に一台はたこ焼き器があるようで、うちにもあります。最近のホットプレートは、焼き肉、お好み焼き・焼きそば用のプレートにたこ焼きまでできるプレートなどもついているようで、大阪人のためにメーカーさんも良く考えてくれています。

 ところで、たこ焼きによく似たものに「明石焼き」というのがあって、これはお汁をつけて食べるもの。前から知ってはいましたが、食べたことがありませんでした。ふつうたこ焼きは、ドロソースに花鰹、好みでマヨネーズをかけて食べるもの。さて、どんなものかと本場明石の街にいってみることにしました。

魚の棚商店街入り口 

 明石といえば、淡路島に渡る一番近いまち。フェリーで岩屋までほぼ20分。何度か利用しましたが、今は明石海峡大橋というのができて、車で7,8分。

 ここは、海峡のまち。潮の流れが速いので、魚はいたって元気。明石タイ、明石タコにハモなどが特に有名です。四国側は、鳴門海峡。うず潮で有名な所です。ここも鳴門大橋が架かっていて、大阪から四国まで車で早く行けるようになりました。ただ、利用料金が高いのが難点です。

 このアーケードを少し海側に行くと、「魚の棚」と呼ばれている商店街があります。

商店街概観 

 看板にはタコ・タイのイラストがいっぱい。平日だったので、お休みの店もあったりして人出は少なかったですが、土日はごった返すようです。

魚屋のおじさんたち 

 威勢のいい魚屋さんがありました。店先にずらっと並んだおじさん・お兄さんたち。

 「いらっしゃい、いらっしゃい。いい魚があがってるよ。」

なんて、かけ声にさそわれ、近づいて見ると…

明石といえばタコ  

 箱一杯がこの値段。「明石たこ」です。した処理してくれるというので買って帰りました。しばらくは、毎日タコが夕食に並びました。

 さて、かんじんの明石焼きの店は…、

 たこ磯

 何度かテレビでも紹介されたという「たこ磯」さんの店に入りました。なんと、『たこ焼き』でも『明石焼き』でもなく、看板は、『玉子焼き』!

お店のお兄さん 

 かっこのいいお兄さんが、かっこよく焼いていたので、許可をもらって撮らせてもらいました。玉子焼きというだけあって、ボールには玉子がいっぱい!

 明石焼き2種

 これが、明石焼き。一人前15個が板の上に乗って出てきました。板の裏側には片側だけさんがつけてあって、傾いた状態です。お出しの中に入っているのは、ミツバの刻んだもの。いい香りです。

 赤い板のが「たこ」と「あなご」入り。普通の板のが「たこ」入りで、これは「玉子焼」というもの。

明石焼き拡大 

 玉子焼きというだけあって、ふかふか!大阪のたこ焼きとはちょっと感じが違います。お出しにつけていただきました。

 15個も食べられるかなと思っていましたが、とっても美味しく、きっちりいただきました。

 とっても美味しかったです!

※「たこ磯」さんのHPがあるので、興味があったら検索してみてください。


  1. 2009/11/10(火) 08:05:01|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
次のページ

プロフィール

花のたびびと

Author:花のたびびと
「高嶺の花に出会う旅」の管理人の『ろく』です。山に登りながら、高山の花を撮り続けています。
暇なときに、ちょっとのぞいていただけたら嬉しいです。
他に陶芸・渓流釣り・蕎麦打ち・温泉・お酒…etc.。楽しいことが大好きです。

花のたびびと掲示板

♪♫お気軽にどうぞ♬♪

カテゴリ

山と風景 (137)
山の花 (58)
山 (4)
手打ち蕎麦 (20)
日記 (75)
秘湯の旅 (1)
陶芸 (3)
洋ラン (28)
未分類 (5)

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ありがとう