FC2ブログ

高嶺の花に出会う旅

可憐な花との出会いをもとめて、これからも旅をつづけます。

レディイザベルⅡ

レディイザベルⅡ

小さかった蕾が開きました。
一株に二輪ずつ咲きました。


イザベル 


イザベル2


ランの花の不思議なところは、開花してから花が大きく育っていきます。
それからランの花はがくが三つ花弁が三つですが、形が変わっているのです。

それじゃあ、このパフィオペデラムの花のがくと花弁は?
まず、花弁が変形して独特な形をしています。

それでは、この花の花弁はどれでしょう。わかりますか?(笑)
答えは、中央の袋状になったもの一つと左右に細く伸びたもの二つで計三つです。
がくは?
上下のうちわのようなものです。
特に下のうちわは二枚が合体して一つになったのです。

なんともはや、不思議な植物です。





テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/03/15(金) 13:17:00|
  2. 洋ラン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

洋ランパフィオペディルム二種

洋ランパフィオペディルム開花
 


201903イザベル 


201903イザベル2 


洋ランの中でもパフィオ(パフィオペディラム)属が好きです。

初めての人は、食虫植物と勘違いされるみたいです。(笑)

これはレディイザベル(Lady Isabel)と名づけられた交配種です。

親はストネイ(母)とロスチャイルディアナム(父)という原種同士の交配。

レディイザベルは今まで何株か育ててきましたが、この株が一番のお気に入りです。


DSC_3315.jpg


この花は両親とも交配種ですが、ラベルには個体名がありません。

Satchl Paige'Dak Sky'xFire Fighter'Black Cherry

と書かれているだけです。

しかし、インパクトのある花だと思います。






テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/03/03(日) 12:09:54|
  2. 洋ラン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ランの魅力

ランの魅力


ランの魅力の一つに花の姿があげられると思います。
この花もなんとも不思議な形をしています。
花のイメージからはまったく離れてしまっています。
どうしてこんな姿に?
どこに魅力が?
タデ食う虫も好き好きという表現もありますが、
きっとこの姿が大好きな虫がいるんでしょうね。


シルホ1 


シルホ2

シルホペタラム エリザベス アン ”バックルベリー”

エリザベスとつくと私には女王様?
なんと高貴な!

※ラン科バルボフィラム(シルホペタラム)属は熱帯アジア中心に1000種以上が分布するラン科最大の属。


テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2018/11/20(火) 09:35:25|
  2. 洋ラン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ランの花

ランの花


Trichocentrum lanceanum 


トリコセントラム2 
トリコセントラム ランセアナム


今年で3年めの開花。

ランの世界は、属名がいろいろ変わったそうです。
私がランと付き合い始めた頃は、オンシジュームというランの仲間でした。
厚めの尖った一枚葉の仲間は、トリコセントラムという仲間になったそうです。


Miltonia spectabilis var moreliana 



ミルトニア2
ミルトニア スペクラビリス バー モレリアナ

これも長年生き続けてくれているランです。
ミルトニアの仲間で、名前はスペクラビリス。バーというのはバラエティの略で変種という意味。
そして特別にモレリアナという名を与えられました。

昔は簡易のビニルハウスを作り温風器を入れて冬越しをしていましたが、
冬に張って夏は外すというのが大変でとうとう温室はやめました。
冬は部屋に取り込んでいましたが(ジャングルのようでした)、
残念ながら寒さに弱いランは育ちませんでした。
温室なしでもなんとか育つものだけが残って一緒に暮らしています。


花梨


台風一過の朝の散歩で拾ってきた花梨の実。
痛みの少なかったものがあったので持ち帰りました。

花梨は、とてもいい香りがします。
残念ながら、生食はできません。
この実は、まだ青く香りもありませんが、そのうち熟してくれると思って飾っています。

となりはずいぶん昔に作った黄瀬戸の壺。
好きな陶芸も今は蕎麦に時間をとられ、開店休業の日々です(笑)。

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2018/10/09(火) 10:51:51|
  2. 洋ラン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

パフィオペデラム

パフィオペデラムの開花


sutonei×supardll1 


sutonei×supardll2
sutonei×supardii


パフィオペデラムの原種、ストネイとスパルディの交配種。
2年前に開花株で購入しましたが、昨年は咲かず。
株の根元が膨らんでいたので、今年は咲くかな?と期待していました。
三輪咲きそろいました。



テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/29(木) 10:21:52|
  2. 洋ラン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

花のたびびと

Author:花のたびびと
「高嶺の花に出会う旅」の管理人の『ろく』です。山に登りながら、高山の花を撮り続けています。
暇なときに、ちょっとのぞいていただけたら嬉しいです。
他に陶芸・渓流釣り・蕎麦打ち・温泉・お酒…etc.。楽しいことが大好きです。

カテゴリ

山と風景 (153)
山の花 (67)
山 (4)
手打ち蕎麦 (22)
日記 (92)
秘湯の旅 (1)
陶芸 (3)
洋ラン (33)
未分類 (5)

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

ありがとう